美容外科って何?

美容外科はほかの診療科のように、機能上の欠損や矯正を改善するものではなく、美意識による見た目の改善を目指す臨床医学です。
整形外科と混合しがちですが、全く異なるものです。
美容外科は決して病気の治療ではなく、健康保険は適用されず、全額自己負担となります。
日本ではまだ美容外科での治療は恥という感覚を持っている方が多数いるのが事実です。

美容外科手術を受けた名誉やプライバシーの保護があるからです。
しかし、見た目にコンプレックスを抱えている方にとって、整形手術はコンプレックス解消に繋がります。
決してほかの方に美容整形手術を受けたとは分からない技術力があります。
美容外科医は厳しい入会審査に合格した証であり、名医と言っても過言ではありません。
手術技術のレベルの高さは非常に重要となります。
学術試験や技術試験に合格して初めて、美容外科医なることができます。

単に技術レベルが高いというだけでなく、術前検査体制や治療前の説明もしっかりしています。
エイズや肺炎などの院内感染な大流行となっています。
そのため、術前の血液検査が必須です。
さらに、どんな事態にも対応できるように治療機器も充実しています。
見た目のコンプレックスを解消できるのが美容外科です。
もちろん、治療設備も充実している為、安心して手術を受けることができます。
このサイトでは美容外科にこれから行こうと思っている方が注意しておいた方が良い点をご説明します。



<特別外部リンク>
美容外科が看護師を専門に募集している求人サイトです → 美容外科 求人